社会福祉法人 桑友

社会福祉法人 桑友
本部:〒690-0064 島根県松江市天神町93
TEL.0852-60-1858 FAX.0852-60-1835

ホーム > 桑友について > 法人の歩み

法人の歩み

法人の活動の歴史は、「熱い思い」をいかにして「実態あるもの」にするのか、の試行錯誤と苦闘の積み重ねでした。

それは、今も変わらず日々続いています。

理念 ⇒ 具現化

  • はたらく場所、はたらく準備の場所を開拓・確保し提供する。そこで、はたらく経験を積み重ねる。
  • 仲間とつどい安心できる「居場所」や「活動の場」を確保し提供する。
  • 住まいの場(住居)を確保し提供する。
  • 社会で生きるために必要な情報を提供する。
法人関係 日本と世界の出来事
病院から施設へ」の時代 1987:精神保健法制定
(社会復帰施設の法定化)
1988(S63) まるべりー共同作業所、開設。(→2006閉所) 青函トンネル開通
1989(H1) まるべりー家族会(現虹の元会)発足。 ベルリンの壁崩壊
1991(H3) まるべりー第二共同作業所、設立。(→2008閉所) 雲仙普賢岳大火砕流発生
1993(H5) 社会福祉法人桑友設立認可。 障害者基本法成立
1994(H6) 精神障害者生活訓練施設WANA JAPAN開設。
精神障害者通所授産施設マルベリー工房(現パン工房)事業開始。
松本サリン事件発生
精神保健福祉法制定(手帳制度創設)
アトランタ五輪開催
1996(H8) グループホームまるべりー開設。
(以降2002年までに障害者グループホーム4棟を順次開設。)
1997(H9) 地域生活支援センター(現地域活動支援センター)エスティーム事業開始 たまごっち大流行
消費税が3%から5%へ
「施設から地域へ」の時代
1998(H10) パンの店まるべりー(出雲市)開店。(→2005閉店) 知的障害者福祉法施行
2003(H15) 就労支援センター(2005年以降、松江障害者就業・生活支援センターぷらす)事業開始。 障害者支援費制度施行
(措置から契約へ)
2004(H16) 松江天神クリニック開院(2006休業、2012廃止)。 スマトラ沖地震・津波発生
2005(H17) 通所授産施設まるべりー松江事業開始。
(おかげキッチンまるべりー、クッキー工房 営業開始。)
株式争奪戦のフジテレビとライブドアが和解
2006(H18) 桑友グループホームは新体系に移行。
(障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業所となる。)
障害者自立支援法施行
(就労支援のサービス化)
2007(H19) 通所授産施設まるべりー松江と通所授産施設マルベリー工房が新体系に移行。 郵政民営化スタート
年金記録問題発覚
2011(H23)

WANA JAPAN大規模改修工事をおこない、新体系に移行。これで桑友の全てのサービスが新体系に移行する。

 
2012(H24)

エスティーム直江サテライト「ここいこ」オープン。

まるべりー松江の大規模改修工事実施(おかげキッチン休業)。

 
2013(H25) まるべりー松江製造室をクリーンルーム化し事業再開。 障害者総合支援法施行
「地域との協働」の時代
2014(H26)

そうゆう相談センター松江新設。まるべりー松江でB型開始。

地域活動支援センターエスティームの名称を「ここいこ」に変更。

 

ページの先頭へ戻る